私もこの仕事をして、保育園を立ち上げて、40年以上たちます。

最初は子どもが嫌いでした。
小さい時、常に妹や親類の子守りをさせられて、遊ぶ時間がありませんでした。
そんな事で、「もう、イヤ!!」という気持ちでした。

結婚して子どもを持ち、子どもの可愛さ、愛しさを実感し、
誘いがあって幼稚園に勤務してみて、
子どもの素晴らしさに、この仕事をやめられなくなっていました。

そして独立して、今6団体400人余りの子どもの中にいて、
子ども達からエネルギーをもらって生きています。

私も高齢になりましたが、子どもの中で生きていける仕事が有る事は、
永く続けてきたからこそつける仕事、
子ども達が待っていてくれると思うと頑張れるのがこの仕事。


保育士にはなりてがいないこの時代。

こんな楽しいやりがいのある仕事。
一生できる仕事がある事を知って下さい。


「先生。頑張ってね!!」
と声をかけてくれた1年生の男の子の笑顔が
昨日のエネルギーでした。